アンテナショップ椎葉村里人倶楽部

Only one Shiiba 大阪

椎葉村観光大使椎葉哉子の日記
椎葉グループ創業者の想い

人と人を繋ぐ大切なこと

自分のことを聞いてもらいたいなら、
まず相手の言うことを聞き、相手が何を求めているかと
言うことを知ることです。
友人を作りたいのなら、相手の一番の友人になることです。
この世は、他人の縁の集大成に過ぎないからです。
こんな当たり前のことを、地元一筋四十年余りもの間、
継続してきたからこそ、皆さんの前で「物申す」ことが
出来るのだと思います。
最近は、転職が当たり前の時代に、人と人の関わりが希薄になり、
人間幸せに働く意義に気づいて欲しい。
そんな気持ちで、昨年より、うちのスタッフは、
もとより、熱く語って来ました。

しかし、自分の愛した会社のスタッフですら、
苦労するばかりでした。
「どうすれば、仕事という作業を、喜び、人に喜びを
与えられる人に成長してもらうことが出来るのだろうか?」

普通に当たり前のことが、「幸せ」と感じてもらう為に、
私は何を伝えるべきなのか?
今年になって、 力尽きました。
今まで、病気ひとつせず、頑張ってこれましたが、
少し、ダウンしてしまいました。
でも、私が後世に残したいことを、
この、ホ^ムに、メツセージとして残しておきます。

人は、何かを頼まれると、「ハイ、喜んで」の返事をして欲しい。
人間「ノウ」と応えられると、相手の気持ちどころか、
周囲にまで悪影響を及ぼすことになるのです。
素直な気持ちが一番なのです。
今何が出来へんでもいい。
一歩でも前に向けて努力すること。
人から頼まれるうちが花やで。
職場は自己を大きく成長させてくれ、お金も貰えるんやで。
お金が第一という人は人から大切にされへん。
おまけに、「お金」で苦労するんや。
自分に都合のいいことばかり考えている人は、
本当の幸せを知らん。
安易な道は、たいていの場合、ゴールへたどりつかない。
思い出してほしい。
厳しい先生と、優しい先生。
どちらが、ためになっているか?
人間表もあり、裏もある。
人に寄り添い、こう言ってあげて欲しい。
「そうだね。」「そういうことなんだね」と。
みんな、仲間何やから。
社員の中には、くせのある人もいる。
でも、そんな、一人を信じて認めて、
当たり前のことを、「おおきに」といえる
社風にしたいと思っています。
人生についての見方、考え方が変われば、
同じ過ちを繰り返したり、手にした成功を
失うことはありません。

思えば、四十年この会社を預からせていただいて
最後に、最高の喜びとは、
社員の喜びなのです。
最後に、皆様にお伝えしたい、わが社の
ミッションとは、
一人のために、一軒のために、
いつかきっと、いい日のために、。
みんな、ありがとう。