アンテナショップ椎葉村里人倶楽部

Only one Shiiba 大阪

椎葉村観光大使椎葉哉子の日記
椎葉グループ創業者の想い

仕事自慢

経営者は、常に人の事で悩むものです。
若い時は、皆無に近い他人との縁の集大成、
自分が選んだ仕事において常にベストでありたいと、
望むところです。昨日、ある経営者と、居酒屋でご一緒した時に
こんなお話が、、。
「椎葉さんところは、みんな実力備わっていて、いいですね。うちなんか、
仕事のクレームを、社長が引き受けているんですからね。
ほんまに、人を育てる才能がないんやと落ち込みますわ。」
「社長、どこもいっしょ、人ってみんな考えていること同じやから。
うちも、いきなり仕事できたわけじゃないよ。近い将来どのようになっていたいという
ビジョンを掲げながら、ひとつひとつ、経営者の心を理解してくれたんやと思うよ。
自分が食べるだけでも大変なのに時に、、従業員から叱咤されたり騙されたりの繰り返しやったんよ。
ようは、目的ね。こちらがどのようになっていたいかということが大切なのね。
経営を通じて、針のむしろに座っていると、助けてくれる人が現れるもんですよ。
人に年齢があるように、経営にも年輪がありますね。」
「よく、言われることは、自分の身丈ほどの人がやってくると言いますからね。」
「昔、立派な社長から、成功者は最後にいいひとに出会えるようになっている。そのいい人
とは、社長を助けてくれる人だとね。ところで、人生は西遊記の物語によく似ていると想うよ。」
「今日は、いい話を聞かせてもらいありがとう。また、人という厄介な動物に挑戦するか?」
高齢者の増えた現代に、生産者人口を六十歳を七十歳に引き上げようとしています。

シニアの方が、喫茶店で孫に自慢にくどい話もいいけれど、今日本は、「働き手」を必要としています。

年齢を重ねてこそわかる心のゆとり。世代が移りゆく今、若い人に伝授してゆきたい「仕事自慢」という会話

があっても、いいのではないでしょうか?