アンテナショップ椎葉村里人倶楽部

Only one Shiiba 大阪

椎葉村観光大使椎葉哉子の日記
椎葉グループ創業者の想い

本当の親切心とは

枚方ラポール前から、タクシーに乗り、自宅に着きました。
ワンメーターで乗せていただくのは、恐縮します。
でも、この運転手さん「市民病院前ですね。ワンメーターだって私の仕事です。」
とても、気持ちのいい対応にびっくりです。
そこで、どうせなら「この人のタクシーに乗りたい」と名刺をもらっておきました。
自宅に着くなり、積んだと思っていた、荷物がひとつ足りないことに気がつきました。
なんと、もらっておいた名刺がすぐ役に立ち、電話をかけました。
「先ほど、車の中に忘れ物ありませんでしたか?」
「お客さん、車には何もありません。」
しばらくして、電話がかかりました。
「お客さんの荷物、枚方ラポール前に置き忘れているようで、
今は京阪バスが預かっているみたいだから今から取ってきます。」
荷物が返り「ありがとう、ありがとう。」の連発そして、なんともいえない、「幸せ」を感じました。
そして、ところかまわず、この運転手さんに、
「あの、宮崎の少し有名な焼酎吞みますか?」
「私は、九州出身でして、焼酎いただきます。」
タクシー会社に勤務するようになったHさんは、奥さんが六年前に
他界されたことや、事業に行き詰ったことなど話されました。
今、時代の風潮は、「マニュアルどうりにしか仕事をされない人」のようですが、
プラスアルファの親切がその後の人生を大きく変えると思います。
私の事業においても、かゆいところに手が届く親切を絶えず心がけることを、基本に
おいております。
目先の利益より、お客様と「すきま風」をつくらないことです。
できるできないは二の次として、「しっかり聞かせていただく」を心がけることが大切です。

ところで、今後タクシーを使うのなら「この運転手さんのいてる会社」に決めました。