アンテナショップ椎葉村里人倶楽部

Only one Shiiba 大阪

椎葉村観光大使椎葉哉子の日記
椎葉グループ創業者の想い

思いは、天まで届く

私の住んでいる枚方市に、親切なおばさんがいました。
その方の、旦那さんは、税務署にお勤めでしたが、
公務員という「制裁」は、かまわず、隣、近所の
子供たちを見かけると、「飴玉」をくれたり、
惜しみなく何かを買ってくれる人でした。
三年前、そのご夫婦は他界しました。
今でも、この町の人たちはご夫妻がなくなったことへの
悲しみでいっぱいです。
実は、不思議なお話が、、。
おばさんがなくなられて、一年たったある日。
朝うつらうつら夢を見ました。
「あんた、今の住まいうるかもしれないよ。息子に相談してみ」
おばさんの、声がしっかり聞こえたんです。
その後、息子さんが、「両親と深い付き合いがあった、椎葉工務店さん
にお願いしますといってくださり、売買が成立しました。
今、「君たちはどう生きるか」という、本が売れています。
私は、目の前におきたことを「まっさらな心」で、一生懸命させていただくことが
好きなだけです。
損得を、考えることは、嫌いです。
結末といってへんですが、多いなる、ごほうびをいただけるものです。
ぜひ、皆さんも、損や得ではなく、「使命感」に燃えてみませんか。
大いなる深みのある、人生がまっていることでしょう。

親切なおばさんたちが住んでいた枚方市にあるマンション
ここで新築・不動産を営む私達・・・
今は私達の仲介によって新しい方に引き渡されています。